Access Map
〒530-0043
大阪市北区天満1丁目8-24
Google Map
Language [PDF]
TOP

TAG / タグから探す

タグ一覧を表示
  • #007 大工技能検定を受ける
    その7
    #007 大工技能検定を受ける

    建築大工技能検定は、大工に必要な技術と知識の国家資格! 大工技能学科では、1年生では3級、2年生では3級の建築大工技能士に挑戦するんやで。いつもの作業場でクラスメイトと試験を受れるから、リラックスして挑めそう。学科試験もあるらしいで。

  • #003 先生から講評を受ける
    その3
    #003 先生から講評を受ける

    高校や総合大学では馴染みが無いかもしれんけど、制作系の授業ではつくってきたものに対して、先生に講評してもらう時間があるねん。厳しい指摘にヘコむこともあるけど、やっぱりええもんつくりたいし、大事な時間。

  • #002 三スケをつかう
    その2
    #002 三スケをつかう

    図面を引いたり、見たりするとき、縮尺を計算するん大変やんな。そんなときに活躍するんが、三スケ! 1本で6通りの縮尺が測れる優れもので、建築業界で働く人たちの必須アイテムやねん。ちなみに「三スケ」は、三角スケールの略やで。

  • #006 大工道具の手入れをする
    その6
    #006 大工道具の手入れをする

    砥ぎ石で研いでいるのは、カンナの刃。ピカピカになるまで、削るんやで。やっぱり、大工職人は道具が命。材木を薄〜く美しく削るためには、道具を日々メンテナンスすることが大事やねん。大工技能学科の1年生は、カンナ工場で研ぎ方講座を受けるらしいで!

  • #005 カンナで木材を削る
    その5
    #005 カンナで木材を削る

    材木の表面を削るだけやし、簡単そう? いやいや、これが難しいねんで。表面だけをするする〜っと薄く削る、大工職人の絶妙な技術を身につけるためには、日々特訓あるのみ! ちなみに、カンナの刃先は磨耗しやすいから、毎回ちゃんと手入れも必要やねんで。

  • #004 木造建築の仕組みを知る
    その4
    #004 木造建築の仕組みを知る

    建物って、実は構造がめっちゃ大事やねん。かっこよく設計しても、ちゃんと建たなあかんしね。柱のどこに力がかかるか、どうしたら最小限の材木で強度を高められるか、構造を理解するには模型をつくってみるんが一番!